自分探しに迷走しがちな就活初心者でもサクサクできる自己分析はじめの一歩。

自分探しに迷走しがちな就活初心者でもサクサクできる自己分析はじめの一歩。

こんにちは。学生編集部のこめきむちです。実際の就活生と一緒に就活の悩みを解決していく「ジブン広告」シリーズ。今回解決する課題は自己分析のはじめ方です。就職活動をはじめていくと「何が正解なのか」わからなくなることだらけです。その最初の1歩でつまづくのが自己分析の進め方ではないでしょうか?どうすればいいのかはわからないけど、やらなきゃいけないことだけはわかっている。。。そんな人でもグングン自己分析ができるようにまずはその目的を理解していきましょう。 

今日の就活生:おろポン唐揚

人前でパフォーマンスすることが大好きなアクティブ系女子大生。よさこいサークルで活動する傍ら声優養成所にも通う。広告・エンタメ業界を志望している。

この記事を読むと…

自己分析の必要性がわかります。

目次

自己分析をはじめる前に

自分史を作ったり、学生時代にやってきた経験を書き出してみたりと自己分析のやり方はいろいろあります。でもやみくもに自己分析をはじめてもすぐに行き詰まってしまいます。まずは「なぜ自己分析をするのか」その目的とゴールを定めましょう。

自己分析で迷走してます(汗)助けてくださいぃぃぃ!
迷走するの早っ、なんだって急に自己分析なんかはじめたの?
先輩や周りの人が自己分析は大事だって言うから。。
なるほど。きっかけはそんなもんだよね!じゃあなぜ自己分析が大事なんだと思う?
え?企業にアピールできる自分の強みを見つけるため・・カナ?
そうだね、それも大事だけどもっといろいろあると思うよ!

そもそも社会での実務経験がない大学生を企業はなぜ社員として採用するのでしょうか?採用の基準は企業によっていろいろ違いがありますが、大きく共通して言えるのは
共に成長していくための仲間としての可能性です。

企業が存続していくためには絶えず成長していかなければいけません。
そして企業には必ず会社が実現したい未来の姿=ビジョンがあります。
新卒の社員にはこの会社の未来を支えてくれる人材としての期待がかかっています。
目指す未来を現実にしてくれそうな可能性を感じさせてくれる人はとても魅力的です。

そのためにも
自分が目指す未来の姿=ビジョンを描く
ことが大切なのです。

なるほど!企業とミスマッチを防ぐために、自分の軸を知ることが大事ってことです?
そうだね、じゃあ、就活においての「軸」ってなんだろう?
えーっ…なんだろう…自分の価値観でしょうか?
価値観!良い言葉が出たね!
価値観、自分が大切にしているもの=譲れないものだよね!誰のものでもない自分の譲れない未来。それを見つけていくことが自己分析の目的であり、ゴールでもあるんだよ。
う、なんか壮大になってきたなぁ・・・

自己分析は内定をとるためだけにするものではない!?

自己分析をするにあたって就職活動は一つの大きなきっかけです。エントリーシートを書くためだったり、面接で自分を上手にアピールするためっだたりすることは目的の一つです。しかし不思議なもので内定をとるためだけに自己分析を進めてもなかなかうまく就活は進みません。なぜなら人事は採用のプロなのです。そして「なぜそう思ったのか?」とあなたの言ってることを掘り下げてきます。内定をゴールにしてしまうとすぐに答えに行き詰まってしまいます。

就職活動は内定がゴールではなく、社会人になって長い人生を歩んでいくためにとっても大切になる指針!
就活のその先を見据えて考えることが大切なんだ!
インターンのESがなかなか通らないのもそのせいなのかなぁ・・・

企業の人事担当者は毎年多くの就活生のエントリーシートを見て、面接で話を聞いています。少し話をしただけでその人の考えが深いか浅いかはすぐわかります。物事を深く考える人の話には説得力があるものです。どんな些細なことでも興味関心を持って「なぜ?」と問うことで物事の本質を探りあて、未来を見据えることができる力は変化の激しい現代社会でも求められる資質の一つです。

私の未来・・・み、見えてない

人生は長い航海!針路を示すのは心の羅針盤

これまで高校受験や大学受験など皆さんの目の前には明確なゴールがあり、その過程には偏差値や合格点といった「道標」がありました。就活初心者の学生の多くは、志望企業に受かるための「正解」を求めてしまいがちです。
いわゆる「受験感覚」で「山登り思考」の就職活動を進めてしまいます。
もちろん、それも一つの選択肢ですが、これからの人生は広大に広がる大海原を航海するようなものです。
自己分析をする際はこれまでの「山登り思考」ではなく、「波乗り思考」で時代の波をキャッチしながら、自由に舵取りをしていっていいのです。
自己分析は自分がこの先の長い人生の航海における航海図を作るようなものです。
そして航海に迷った時に自分がどこに向かっているのか再確認できるように「心の羅針盤=就活の軸」をしっかり考えましょう。

企業に"選ばれる"ために企業を"選ぶ"ための自己分析を。

いかがでしたか?
ちょっと話が哲学っぽくなってしまいましたが、自己分析は単に内定を獲得するためだけにするものではないということがご理解いただけたでしょうか?企業の選ばれるために着飾った自分を作りあげるより、ありのままの自分を見てくれて採用される企業と廻り合う方が就活もきっと楽しくなりますよ。

自分の針路を決めるのは自分自身なのですから・・・

内定をとるまでは選ばれる側だけど、内定をとったあとは今度はみんなが会社を選ぶ側になる。自分の進むべき進路と同じ方向に向かっている会社を選ぶことも重要な目的だね。
企業に選ばれるためではなくて企業を選ぶためってことかぁ。。。自己分析の目的を見失わないようにしないとですね。

ジブン広告代理店とは

就職活動で「自分自身の売り込み方」に悩みを抱える就活生クライアントの課題を解決するセルフプロモーションエージェンシーです。(…という設定)

ジブン広告プランナー

トッカルビ

セルフプロモーションプランナー。学生のパートナーとなって就活の課題を解決する。どんな冗長なESも規定の文字数に収めることが得意。

クライアント就活生

おろポン唐揚

人前でパフォーマンスすることが大好きなアクティブ系女子大生。よさこいサークルで活動する傍ら声優養成所にも通う。広告・エンタメ業界を志望している。

この記事を書いた人

FCL学生 編集部
FCL学生 編集部ライター/インターン生
22卒の女子大生3人組。広告会社のビジネスコンテストでチームを組んだことをきっかけに仲良くなりました。就活ではいろいろやらかした「しくじり就活生」ですが反面教師として23卒の就活相談も受付中デス。

自己分析カテゴリの最新記事