例文解説!キミの志望動機・志望理由に面接官が納得できない3大原因

例文解説!キミの志望動機・志望理由に面接官が納得できない3大原因
例文解説!キミの志望動機・志望理由に面接官が納得できない3大原因

こんにちは。学生編集部のあぼかどばーがーです。 実際の就活生と一緒に就活の悩みを解決していく「ジブン広告」シリーズ。今回解決する課題は「面接での志望動機」です!
・面接で志望動機を聞かれた時どう答えるべきかわからない
・面接前の対策って何をすればいいかわからない
・志望理由が薄い
こんな悩みを持っている人は、この記事を読んで面接官を納得させる志望動機を作っていきましょう!

今日の就活生:おろポン唐揚

人前でパフォーマンスすることが大好きなアクティブ系女子大生。 よさこいサークルで活動する傍ら声優養成所にも通う。 広告・エンタメ業界を志望している。

この記事を読むと…

面接官が納得する志望動機を話せるようになります!

こないだ面接で志望理由がうまく話せなくて面接官をポカンとさせちゃいました〜ヤバシ
それも経験だよ。次に備えて原因をしっかりおさらいしておこう。
そこ、教えてクダサイ!

目次

原因1:「それ、本気で思ってる?」〜志望理由が夢想的すぎる〜

志望動機・志望理由に面接官が納得できない3大原因

ビフォー

私は広告を通じて多くの人に商品の魅力を知ってもらい、より豊か暮らしの実現に貢献したいと考えています。御社の打ち出した広告によって有名になった商品やサービスはたくさんあります。それはつまり広告によって全くその商品を知らなかった人もその商品によって暮らしが豊かになったということだと考えます。御社の一員として、世の中に新しいものをたくさんの人に広めたいと考えます。

この例は誰でも話せそうな内容で説得力がありませんよね?説得力のある志望動機に欠かせないのは自分の原体験がベースになっていることです。原体験に基づく根拠は誰にも変えられないあなただけの考えなので説得力があります。

【根拠】

今まで様々なアルバイトを経験して多種多様なお客様と関わってきた。そこでは一人一人に合わせた工夫をして接客するのがやりがいだった。

【志望動機】

これからも多種多様な分野や人に関われる広告業界にいきたい。

アフター

今まで様々なアルバイトを通して、多種多様なお客様と関わってきました。そこでは他の仕事で得た要素を組み合わせながら、お客様一人一人に合わせた伝え方や行動、特にプラスアルファーの情報を提供することでお客様の満足度を上げることに注力をしてきました。クライアントと生活者をつなぐ広告業界で、多種多様な業界や人に携わりながらクライアントの課題解決を行いたいと思います。

小さなことでも原体験に基づく根拠を提示した方が
説得力が増す。
広告でみんなをハッピーにしたいとかドヤ顔で言ってたな〜
どんなリアクションだった?
すっごいニコニコしてました。子供を見るような目で・・・

原因2:「それ、他の業界でも良くない?」〜ビジネスモデルの不理解〜

志望動機・志望理由に面接官が納得できない3大原因

ビフォー

小学校の頃に御社の〇〇の広告を見て感動し、貯めていたお小遣いでその商品を購入した経験があります。その時の思い出から今でもその商品を購入しています。広告を見た時の感動は今でも忘れられず、その感動を今度は私がより多くの人に届け、多くの人の思い出に残る商品にしていきたいと考えています。

この例は「あなたは社員としてどのような貢献ができるのか」という重要なことが抜けてしまっています。消費者の目線、つまり受け取る側の目線のままであると”やりたいこと”と”実際入社してからやること”の間に大きなギャップが生まれてしまいます。消費者目線で話されると面接官は「この人は自社にどう貢献してくくれるかわからない」「業界のことを全く理解できていない」と感じ、説得力がなくなってしまいます。

消費者目線の志望動機が生まれてしまう原因は、業界のビジネスモデルが理解できていないことです。ビジネスモデルとは、「その業界において利益をあげる仕組み」のことを言います。BtoBなのか、BtoCなのか、BtoBtoCなのか、を理解できていないと消費者目線のままの志望動機が生まれてしまいます。

広告業界のビジネスモデル

目的:広告会社はクライアントのマーケティング活動の課題を解決すること。
手段:消費者のニーズを捉え、広告を通じて生活者に訴えかけること。

志望動機・志望理由に面接官が納得できない3大原因

アフター

私は部活やサークルなどではいつも副リーダーで、幹部とメンバー両者の想いを繋ぐ架け橋のような役割をしてきました。現在、デジタル化がさらに加速しており、ユーザー1人1人に合わせた広告の個別化が起こると思います。そこで私は今後広告業界で個別化された生活者とクライアント、両者の想いを繋ぐ架け橋となっていきたいと思います。そして多数の個人に刺さる施策を提供することで、課題解決に繋げていきたいと考えます。

消費者視点(ToC)+ビジネス視点(ToB)両軸で
志望理由の根拠を述べると説得力が増す。
BtoBとかBtoCとか聞いたことあるけどちゃんと理解していなかったカモ
BtoBとBtoBtoCモデルはわかりにくいからね。
ホームページを隅々まで読んで研究します〜

原因3:「それ、聞き飽きたよ・・」〜採用ホームページに書いてあることや説明会で聞いたことのオウム返し〜

志望動機・志望理由に面接官が納得できない3大原因

ビフォー

御社の「生活者目線」を大切にしている企業理念に共感したからです。生活者の視点を汲み取った視点こそがクライアントの課題解決に繋がると考えました。また社員一人一人の声を重要にしているシステムにも惹かれました。OB訪問をした時に社員の方が丁寧に対応していただき、御社の人の良さが感じられたのも志望理由の1つです。

この例は企業の良さだけが並べられていて企業とあなたとの繋がりが見えません。面接官にとって「どれだけ企業に魅力を感じているか」というアピールは嬉しく感じる一方で採用に至るほどの説得材料ではありません。 『自分の中のキャリアの選択肢×『なぜこの業界なのか』×『その中でなぜあえて御社なのか』で志望動機は完成します。『その中でなぜあえて御社なのか』は事業内容・社風やビジョン・社員の雰囲気などを多角的なに盛り込んで企業と自分の親和性を伝えてみましょう!

アフター

御社の「生活者に寄り添う」という企業理念に共感した。最近は、自分好みに合うようカスタムしていく、自分がいいと感じる体験にお金を使う、など一人一人の好みが個別化している人が多いと実感している。その中で生活者に寄り添って企画提案していくことがとても重要だと感じたからだ。また、OB訪問や説明会などでお会いした社員の方々が私たち学生にとても親身になって対応してくださり御社の人を大事にする社風を直に感じたことも志望理由の一つである。

事業内容・社風・社員
多角的に親和性の根拠を示した方が説得力が増す。
全部、根拠が必要なんですね。


根拠が薄いと「なぜそう思ったのか?と深堀り質問に答えられないからね。
深掘り質問!!コワすぎる・・

答えに詰まると即玉砕!?深掘り質問は柔軟に対応せよ!

志望動機・志望理由に面接官が納得できない3大原因

面接対策で重要なのは深掘り質問対策です!ある程度の質疑応答に対応できるよう事前に対応策を用意しておきましょう。

Q 具体的にどういう職種に携わっていきたいですか?

ここが固まっていないと志望動機が崩れてしまいます。 ずっと営業一筋でやっていきたい!という人もいれば、最終的には企画職にいきたいけど最初は営業で現場の経験を積みたい...というように人によって最初につきたい職種の考え方は違います。どんな自分の力を生かしてどのような職種に就きたいのかきちんと説明できるようにしておきましょう。

Q 実際入社したらどんなことがやりたいですか?

ここで重要なのは、どのような案件や事業に関わりたいかということです。例えば化粧品のクライアントに携わりたい、メーカーの販促プロモーションがやりたい、デジタル領域特にXRに関わりたいというように具体的にその企業の事業内容について言及するといいでしょう。そのためにも企業の事業領域や事例はしっかり予習してく必要があります。

Q 業界選びの軸・企業選びの軸を教えてください

軸というのは判断基準という意味です。異なる業界で内定をもらったり、同じ業界内で複数内定をもらったら、最終的には1つに絞らなければいけません。どんな判断基準で選ぶのかということになります。

Q 他にどんな業界を受けていますか?

これも人によって対策が変わってくる質問です。ここで志望度の高さをきちんと伝えられるようにきちんと対策をしておきましょう。
【1つの業界に絞っている人】
なんでその業界でなければならないのか?他の業界ではダメなのか?という質問にも答えられるようにしておきましょう。1つに絞った理由をきちんと説明できることで志望度の高さが伝わります。
【様々な業界を受けている人】
他の業界受かったらどうするのか?という質問に答えられるようにして、志望度の高さを伝えらえるようにしておきましょう。複数の業界の中でこの業界を選ぶ理由、つまりこれは志望動機と同じ質問です。聞かれ方が変わっても、戸惑わずにきちんと答えられるようにしておきましょう。

Q 今この業界/企業では〇〇という課題がありますが、あなたならどう解決しますか?

難しい質問ですが大丈夫です!必要なのは業界の動向を把握しておくこと、そしてそれに対しどう対応していくべきか自分なりの考えをしっかり話すことです。そのためにも業界の動向やビジネスが今後どう変化していくか日頃からアンテナを張っておくことが必要です。
グォォォ!次の面接でボコボコにされないよう面接練習頑張ります〜!

まとめ

いかがでしたか?あなたが面接で話す志望理由に面接官が理解・納得を示すのは、全てにおいてその「根拠」がしっかりしているかどうかです。そのためにも自己分析と業界研究はとても重要です。またその根拠がしっかり伝わるかどうか?質疑応答に臨機応変に回答できているかどうかはなかなか自分1人では判断がつかないので、身近に協力してくれる社会人がいたら1on1で面接練習をお願いしてみましょう。
FCLでは会員限定で志望理由の深堀りや模擬面接も企画していきます。自信がない人はみんなで対策しましょう。
https://fcl.fun/club-fcl23/

ジブン広告代理店とは

就職活動で「自分自身の売り込み方」に悩みを抱える就活生クライアントの課題を解決するセルフプロモーションエージェンシーです。(…という設定)

ジブン広告プランナー

トッカルビ

セルフプロモーションプランナー。学生のパートナーとなって就活の課題を解決する。どんな冗長なESも規定の文字数に収めることが得意。

クライアント就活生

おろポン唐揚

人前でパフォーマンスすることが大好きなアクティブ系女子大生。 よさこいサークルで活動する傍ら声優養成所にも通う。 広告・エンタメ業界を志望している。

この記事を書いた人

FCL学生 編集部
FCL学生 編集部ライター/インターン生
22卒の女子大生3人組。広告会社のビジネスコンテストでチームを組んだことをきっかけに仲良くなりました。就活ではいろいろやらかした「しくじり就活生」ですが反面教師として23卒の就活相談も受付中デス。

面接対策カテゴリの最新記事